家族で観よう!カンフー・パンダ2

不朽の名作
名古屋の心療内科・内科では、専門領域として成人の発達障害(対人関係の問題、職場不適応など)の診療を行なっております。お悩みの方はご相談ください。

マスター・タイガー

マスタータイガーは慈善活動で有名

慈善活動でもとっても有名なハリウッドセレブといえば、やはりアンジョリーナ・ジョリーですよね。そしてブラッドピットがパートナーでいつ結婚するの??!!と常にパパラッチのターゲットにもなっているアンジー。マスター・タイガーの声はアンジョリーナ・ジョリーです。

パンダの魅力にせまる

本物の無煙ヘルシーロースターは排煙ダクト不要で電気不要!。ヘルシーロースター煙が出ない,焼き網が焦げない,一酸化炭素が出ない,臭いが付かないなどの料理人の貴方の大きな悩みを解決します

アンジーの生い立ち

1975年(昭和50年)6月4日カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれました。父親は名優のジョン・ヴォイドでスロバキアとドイツ系アメリカ人俳優です。母親はフランス系カナダ人とイロコイ族(ワイアンドット族)の血をひく女優のミシェリーヌ・ベルトランです。

1976年(昭和51年)というまだ生後間もない時に両親は別居したことをうけて、アンジーは兄弟と共にニューヨークへ移住しました。幼少の頃から母と共に映画に親しみんでいて、演技に対する興味を示し始めています。1982年(昭和57年)には父が主演した映画に出演して親子共演を果たしています。

演技方法の習得と思春期時代

1976年に両親が別居した後に、アンジーと兄は母親に引き取られました。母親は女優として演技の仕事に関わる夢を捨てて、子育てに専念しました。アンジーが子供のころには、母親とよく映画を見に行きました。このことが後に演技に興味をもつきっかけとなったと話をしていて、父親の(ジョン・ヴォイト)の影響は全くなかったとも話をしています。

6歳の時に、母親と義理の父親ビリー・デイ(映画制作者)はニューヨーク州に引越しをします。5年後にカリフォルニア州のロスアンジェルスに戻ることになりました。その時にリー・ストラスバーグ演劇学校に入学して、そこで2年間演技を学ぶころになり、その頃にはいくつかの舞台作品に出演しています。

14歳の時に演劇学校を辞めて、将来の希望を葬祭ディレクター(※1)となっていました。

その後は、ファッションモデルとなって、主にロスアンジェルス、ニューヨーク、ロンドンで働いていました。この時期には、常に黒の衣装を身にまとって、ナイフプレイを試みたり、同棲相手とモッシュ(※2)に出掛けたりしていました。

ちなににアンジーが学業に復帰するまでに約2年間という時間を必要としていました。その後アンジーは、母が住む家から僅か数ブロックだけ離れたガレージの上にあるアパートメントを借りて、高等学校を卒業した後に、再び演劇の分野に復帰しました。この頃についてアンジーは「私は今でも・・・そしてこれからも。心の中では、刺青をしたつまらない子供に過ぎません」と表現しています。

アンジーは10歳代から20歳代の初期にかけて、自殺傾向のある鬱状態に悩まされていました。そして彼女の母親の収入はとてもつつましいものでもあったので、アンジーは裕福な家庭の学生の多いビバリーヒルズ高等学校の中ではいつも孤立したように感じていて、さらに、アンジーが極端に痩せていたことや、眼鏡、歯列矯正の器具などを着用していたこともあって、他の生徒からからかわれるということもありました。彼女は他の人達と心を開いて付き合うことに困難を感じていて、その結果、自傷行為を始めました。当時のことをアンジーは「ナイフで自分を傷付けると生きているという実感が沸いて、開放感に満たされて、なぜか癒しのようにを感じるのです」と振り返っています

※1 葬祭ディレクターとは?

アメリカでは、葬祭ディレクターとは、葬儀のコーディネートをする仕事で、遺体の保存・埋葬・火葬などに関わるプロフェッショナルです。短大または4年制大学の学歴が必要となっていて、モーチュアリーサイエンスの知識が要求されます。そして全国試験を受けて州ごとにライセンスを獲得する必要があります。

※2 モッシュとは?

へヴィメタルやパンクロックなどのライヴで観客が始めたとされています。興奮した観客が密集した状態で無秩序に身体を激しくぶつけ合う事です。

キャリアの始まり

アンジーは14歳でアメリカとヨーロッパを基点にしてファッションモデルを始めました。その一方で幾つかのミュージック・ビデオに出演しています。16歳で演劇を再度学び始めて、ドイツ人のミストレス役で舞台デビューを飾りました。兄が製作した学生映画への出演を経て1993年(平成5年)に、低予算ですが映画初出演を果たしています。1995年(平成7年)に、『サイバーネット』で映画初主演しました。興業収入こそ精彩を欠いていましたが、アンジーの存在感と演技は『ニューヨーク・タイムズ』で絶賛されて、同作品はソフト化されてからカルト映画として再評価されました。

子供向け映画特集

トップスターへ

その後も多数の作品でキャリアを重ねていき、次第に賞レースにもアンジョリーナ・ジョリーの名前が挙げられるようになりました。そしてアンジーの評価を決定付けたのは1998年(平成10年)放映のテレビ映画『ジーア/悲劇のスーパーモデル』での演技です。エイズとドラッグによって、短い生涯を終えた実在のモデルのジア・キャランジを演じたアンジーはこの作品で数多くの賞とノミネートを受けることになりました。

さらに翌1999年(平成11年)の『17歳のカルテ』でアカデミー助演女優賞を受賞しました。実力派女優としての地位を確立はしましたが、時を同じくしてジョニー・リー・ミラーとの離婚を中心とした親族との不和の話題の方が先行してたような感じも受けいます。

しかし2000年(平成12年)に、ヒロイン役として出演した『60セカンズ』が興行的に大成功を収めると、2001年(平成13年)に出演した人気テレビゲーム『トゥームレイダー』の実写化された作品で、過酷なトレーニングで武道を習得した末に主人公のララ・クロフトを演じて、映画評論家から「ジョリーはクロフトを演じるために生まれてきた」と評されりと大絶賛を博して、この作品で一躍世界的な人気を獲得することになりました。その後は、『Mr.&Mrs.スミス』で記録的な興行収入をあげるなど、30代前半にして既にアメリカでもトップクラスのマネーメイキングスターとして活躍を続けることになりました。