家族で観よう!カンフー・パンダ2

不朽の名作

ハリウッドの名俳優も出演

シーフー老師を演じているのは?!

ポーの師匠はシーフー老師です。レッサーパンダをモチーフにしているようですが、レッサーパンダは茶色なので白いシーフー老師なので、何の動物?!と思われるかもしれませんが、レッサーパンダがモチーフです。白いのは老師なので、白髪ということではないでしょうか。

そしてこのシーフー老師の声を演じているのは、2度のアカデミー賞受賞した名優ダスティン・ホフマンです。

パンダの魅力にせまる

ダスティン・ホフマン

1937年(昭和12年)8月8日、カリフォルニア州ロサンゼルスでセールスマンの父と母リリアンの元に生まれています。父親はかつて映画監督を目指したことがある父親で、母親は映画が大好きで、母の大好きなサイレント映画時代のスターのダスティン・ファーナムから名づけられました。

ウクライナからのユダヤ系の血ととルーマニアからのユダヤ系の血を受け継いでいます。ロサンゼルス高校卒業した後は、6歳から始めていたピアノの存在もあって、ジャズピアニストになる希望を持っていました。そしてロサンゼルス音楽学校に入学しましたが、入学後には医学に関心を持ったということもあって音楽学校を落第する前にサンタモニカ市立大学に入学して、サンタモニカ私立大学で一年間学んでいます。その間に「演劇科は誰も落第しない」と聞くことになり、落第を避けるため最終的に演劇科を選択しました。ジーン・ハックマンと共にパサデナ劇場で二年間演じています。そして彼らはしばらくの間ルームメイトでもありました。

1958年(昭和33年)に大学を卒業してからニューヨークに移り住み、NYのアクターズ・スタジオで演技を学びながら、小さなテレビ番組の役を含む一連の仕事を引き受けていました。お皿洗いにビルの掃除人、ダンスホールのピアノ弾き、ウェイターなどいろいろな仕事をしていましたが、自活するために演劇を一時離れて、教員の仕事に就いたこともあります。1960年(昭和35年)にはオフ・ブロードウェイで初舞台を踏むことになり、1961年(昭和36年)にブロードウェイで初舞台を踏んでいます。1966年(昭和41年)頃から舞台で注目されるようになり、その後リー・ストラスバーグのアクターズ・スタジオで学び遂に1967年(昭和42年)『The Tiger Makes Out』の映画で端役でしたが映画デビューを果たすことになります。その同じ年の1967年(昭和42年)にマイク・ニコルズ監督に認められて『卒業』の主役の座に大抜擢されることになりました。

マイク・ニコルズ監督に認められたのはブロードウェイの『HARRY, NOON AND NIGHT』で、ホモで猫背のナチ将校でした。この演技がマイク・ニコルズ監督の目に留まったのです。そしてこの役でブローデオウェイ8年目にしてようやくオビー賞最優秀男優賞を受賞しています。

映画のデビューは30歳と遅いデビューになりましたが、『卒業』では不満を抱く等身大のアメリカ人大学生を演じて、際立った個性と、約10年という売れない時代の下積み期間に鍛え上げられた演技力で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。そしてダスティン・ホフマン自身もたちまち人気者になりました。当時のヒット作の一つ「小さな巨人」に引っかけて、彼のことをリトル・ビッグマンとアメリカ人は愛情をこめて呼んでいました。

『卒業』以後は1969年(昭和44年)『真夜中のカーボーイ』でアカデミー賞にノミネートされて、1974年(昭和49年)『レニー・ブルース』でもアカデミー賞にノミネート。そしてついに、1979年(昭和54年)『クレイマー、クレイマー』で念願の主演男優賞を受賞しました。その後は1982年(昭和57年)『トッツィー』でアマデミー賞にノミネートされた後に、1988年(昭和63年)『レインマン』で再び2度目のアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。まさに名実共に、映画界を代表する国際的な名優です。

ダスティン・ホフマンは完璧主義とも言われていて、時にその完璧主義は周囲に軋轢を生み出すこともありますが、それ以上にダスティン・ホフマン自身が自分に対してもとても厳しくそして一生懸命になる俳優でもあります。

1983年(昭和58年)にはブロードウェーに復帰して、『セールスマンの死』でウィリー・ローマン役を演じています。彼は『トッツィー』や『ワグ・ザ・ドッグ』のような自らの主演映画を製作したパンチ・プロダクションを経営しています。

2012年(平成24年)にはダスティン・ホフマンの初監督作品となる『カルテット! 人生のオペラハウス』がトロント国際映画祭で上映されました。

プライベートでは、1969年(昭和44年)に元バレリーナのアン・バーンと結婚して2人の子供がいましたが1979年(昭和54年)に離婚していて、1980年(昭和55年)にリサ・ゴットセーゲンと再婚しています。リサとの間には4人の子供(ヤコブ・マックス・レベッカ・アレクサンドラ)がいます。

熱烈な民主党支持者でもあるので、芸術界をも二分した下院非米活動委員会への激しい批判など、しばしば政治的発言でも注目されることがあります。

ダスティン・ホフマン受賞歴

  • 1979年度アカデミー賞・・・主演男優賞 『クレイマー、クレイマー』
  • 1988年度アカデミー賞・・・主演男優賞 『レインマン』
  • 1967年度ゴールデングローブ賞・・・ 有望若手男優賞 『卒業』
  • 1979年度ゴールデングローブ賞・・・ 主演男優賞(ドラマ部門) 『クレイマー、クレイマー』
  • 1982年度ゴールデングローブ賞・・・ 主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門) 『トッツィー』
  • 1988年度ゴールデングローブ賞・・・ 主演男優賞(ドラマ部門) 『レインマン』
  • 1996年度ヴェネツィア国際映画祭・・・ 金獅子賞・特別功労賞
  • 1989年度ベルリン国際映画祭・・・ 金熊名誉賞

子供向け映画特集

ダスティン・ホフマン出演作品

  • 1967年(昭和42年)・・・卒業(The Graduate)役名:ベン・ブラドック (英国アカデミー賞新人賞 受賞、ゴールデングローブ賞新人賞 受賞)
  • 1968年(昭和43年)・・・ダスティン・ホフマンの100万$大捜査線(Madigan's Millions)役名:ジェイソン
  • 1969年(昭和44年)・・・真夜中のカーボーイ(Midnight Cowboy)役名:ラッツォ(英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞)
  • 1969年(昭和44年)・・・ジョンとメリー(John and Mary)役名:ジョン
  • 1970年(昭和45年)・・・小さな巨人(Little Big Man)役名:ジャック・クラブ
  • 1971年(昭和46年)・・・わらの犬(Straw Dogs)役名:デヴィッド・サマー
  • 1973年(昭和48年)・・・パピヨン(Papillon)役名:ルイ・ドガ
  • 1974年(昭和49年)・・・レニー・ブルース(Lenny)役名:レニー・ブルース
  • 1976年(昭和51年)・・・大統領の陰謀(All the President's Men)役名:カール・バーンスタイン 1976年(昭和51年)・・・マラソンマン(Marathon Man)役名:トーマス・リービ
  • 1978年(昭和53年)・・・ストレート・タイム(Straight Time)役名:マックス (兼製作)
  • 1979年(昭和54年)・・・アガサ 愛の失踪事件(Agatha)役名:スタントン
  • 1979年(昭和54年)・・・クレイマー、クレイマー(Kramer vs. Kramer)役名:テッド・クレイマー (アカデミー主演男優賞 受賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞、ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞 受賞)
  • 1982年(昭和57年)・・・トッツィー(Tootsie)役名:マイケル・ドーシー/ドロシー・マイケルズ (英国アカデミー賞 主演男優賞 受賞、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ミュージカル・コメディ部門) 受賞 )
  • 1982年(昭和57年)・・・セールスマンの死(Death of a Salesman)役名:ウィリー・ロマン (テレビ映画:ゴールデングローブ賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) 受賞)
  • エミー賞主演男優賞(ミニシリーズ/テレビ映画部門) 受賞
  • 1987年(平成元年)・・・イシュタール(Ishtar)役名:チャック・クラーク
  • 1988年(平成2年)・・・レインマン(Rain Man)役名:レイモンド(アカデミー主演男優賞受賞
  • 、ゴールデングローブ賞 主演男優賞 (ドラマ部門) 受賞)
  • 1989年(平成3年)・・・ファミリービジネス(Family Business)役名:ヴィト・マクマレン
  • 1990年(平成4年)・・・ ディック・トレイシー(Dick Tracy)役名:マンブルス
  • 1991年(平成5年)・・・ビリー・バスゲイト(Billy Bathgate)役名:ダッチ・シュルツ
  • 1991年(平成5年)・・・フック(Hook) フック船長
  • 1992年(平成6年)・・・靴をなくした天使(Hero)役名:バーニー
  • 1995年(平成9年)・・・アウトブレイク(Outbreak)役名:サム・ダニエルズ大佐
  • 1996年(平成10年)・・・アメリカン・バッファロー(American Buffalo)役名:ウォルト・ティーチャー
  • 1996年(平成10年)・・・スリーパーズ(Sleepers)役名:ダニー・スナイダー
  • 1997年(平成11年)・・・マッド・シティ(Mad City)役名:マックス・ブラケット
  • 1997年(平成11年)・・・ワグ・ザ・ドッグ(Wag the Dog)役名:スタンレー
  • 1998年(平成12年)・・・スフィア(Sphere)役名:ノーマン・グッドマン博士
  • 1999年(平成13年)・・・ジャンヌ・ダルク(Jean of Arc)役名:ジャンヌの良心
  • 2002年(平成14年) ムーンライト・マイル(Moonlight Mile)役名:ベン・フロス
  • 2003年(平成15年)・・・コンフィデンス(Confidence)役名:キング
  • 2003年(平成15年)・・・ニューオーリンズ・トライアル(Runaway Jury)役名:ウェンドール・ローア
  • 2004年(平成16年)・・・ネバーランド(Finding Neverland)役名:チャールズ・フローマン
  • 2004年(平成16年)・・・ハッカビーズ(I ♥ Huckabees)役名:ベルナード
  • 2004年(平成16年)・・・ミート・ザ・ペアレンツ2(Meet the Fockers)役名:バーニー・フォッカー2004年(平成16年)・・・レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(Lemony Snicket's A Series of Unfortunate Events)役:批評家 (クレジットなし)
  • 2006年(平成18年)・・・ パフューム ある人殺しの物語(Perfume ~The Story of a Murderer~)役名: ジュゼッペ・バルディーニ
  • 2006年(平成18年)・・・主人公は僕だった(Stranger Than Fiction)役名:ジュールズ・ヒルバート
  • 2007年(平成19年)・・・マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋(Mr. Magorium's Wonder Emporium)役名:エドワード・マゴリアム
  • 2008年(平成20年)・・・ カンフー・パンダ(Kung Fu Panda)役名:シーフー老師 (声の出演)
  • 2011年(平成23年)・・・新しい人生のはじめかた(Last Chance Harvey)役名:ハーヴェイ・シャイン
  • 2010年(平成22年)・・・ バーニーズ・バージョン ローマと共に(Barney's Version
  • 2011年(平成23年)・・・ミート・ザ・ペアレンツ3(Little Fockers)役名:バーニー・フォッカー
  • 2011年(平成23年)・・・ カンフー・パンダ2(Kung Fu Panda 2)役名:シーフー老師 (声の出演)